矢作川シーバス-稚鮎は遡上してるかな?-20210411

ソルトウォーター
この記事は約2分で読めます。

ゴールデンウィーク前になると、矢作川にも稚鮎が遡上してきます。

稚鮎が遡上し始めると、それを追ってシーバスも川を上がってきます。

そこで稚鮎が溜まっていそうな堰堤に、様子を見に行ってきました。

一応ロッドは出しますが、寝坊して昼近くになってしまったので多分釣れないだろうな〜と思いながら車を走らせます。

PR

稚鮎獲りの子供の姿は見えるけど・・・

近くの駐車場に車を止めて堰堤に向かってみると、ちょうど潮が引いていて中洲が顔を見せています。

堰堤では子供たちがタモを持って稚鮎を獲っていました。

もうすでに遡上は始まっているみたいですね。

堰堤左岸にある魚道にも人がいるのが見えるので、漁協の人が作業しているのでしょうか?

しかし、水面を覗いてみても稚鮎の姿は見えません。

まだ本格的な遡上の時期にはちょっと早いのかな?

とりあえず中洲まで渡ってみます。

使うフライはチューブフライ

使ったタックルは先日買ったスイッチロッド

とりあえずキャス練にでもなればと思って持ってきました。

使ったフライはチューブフライ。

シンクティップを使って沈めてみたいと思います。

新緑の中、キャストするのは気持ちいいけど・・・

すでに日も昇っているのでポカポカ暖かく、ジャケットを来ていると汗ばむぐらい。

河川敷の木々の新緑がとてもきれいで気持ちがいいです。

しかし、魚の方はさっぱり。

水の中を覗いてみても、やっぱり稚鮎の姿は見ることは出来ません。

いればたくさん泳いでいるのが見えるはずなんですがねぇ。

残念ながらシーバスもかすりもしませんでした。

まとめ

今日は稚鮎が泳いでいる姿は見られませんでしたが、ゴールデンウィークが近づく頃にはたくさんの稚鮎たちが遡上してくるでしょう。

今度は朝マズメに間に合うように早起きして行こうと思います。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました