今年初戦敗退-浜名湖クロダイサイトフィッシング

ソルトウォーター
この記事は約2分で読めます。

2021年一発目の浜名湖クロダイサイトフィッシングに行ってきました。

結果は同行者3人中、ボウズは私のみという大惨敗。

しかも1人は45アップの大物を釣り上げていました…

PR

前日までの雨で水面は濁りまくり

梅雨明けが遅れているためか、釣行前の数日は雨続き。

釣り当日も時折小雨が交じるような状況でした。

浜名湖の水質も濁りが入っており、少々厳しいかもな〜といった感じ。

それでも比較的濁りのなさそうなポイントを探して釣りを開始します。

朝一のチャンスを逃しまくり

朝一に入った弁天島近くのポイントでは、水も比較的クリヤーで水深も膝下ぐらいとまずまずの状況。

あちこちにナーバスウォーターがあり、時折テーリングしているクロダイもいます。

釣りを初めてすぐにアタリがありましたが、ひさびさのクロダイのアタリでロッドで合わせてしまいスッポ抜け…

その後、立て続けに3回ほどアタリがあるものの、なかなかフッキングには至らず…

3時間ほど粘りましたが潮止まりになってきたので、ポイントを移動することに。

チャンスタイムを逃したあとは…

朝一にアタリが何回かあったことで少々余裕をかましてましたが、その後はどこのポイントへ行っても沈黙の時間が続きます。

魚はちゃんといるのですが、かなり食い渋っている様子。

朝一では浅瀬が出来ていたところもありましたが、昼過ぎになってくると気圧の関係か水深があまり下がりきらないため、サイトフィッシングには少し厳しい感じ。

基本的に低気圧って魚釣りには有利な条件だと思うんですが、浜名湖のような場所だと潮が下がらなくなってしまい、釣りづらくなってしまうこともあるようです。

やはりある程度水深が浅くならないと、テーリングもナーバスウォーターも分かりづらいですね。

何ヶ所かポイントを変えてみても、ナーバスウォーターはあるものの、テーリングはほとんど見られず…

手厳しい初戦となってしまいました。

まとめ

ここ最近はなかなか時間が取れず、釣りに行っても近所に小一時間ほど行く程度で、一日ガッツリと釣りをするのは久しぶり。

7番ロッドを一日中振り続けていたので、筋肉痛で腕もパンパンです。

残念ながらクロダイは釣れませんでしたが、それでも久々の浜名湖での釣りはとても楽しかったです。

梅雨が明ければ、いい釣りができる可能性も高まるはず。

残念ながら本業が忙しくなりそうなので、リベンジは少し先になりそうですが必ず果たしたいと思います。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました